☆シリカハッピー通信☆vol.186『地震の多いところにシリカがある』

『地震の多いところにシリカがある』

現代ビジネスに面白い記事がありました。

地震を引き起こす断層にはシリカがたくさん含まれている

そうです。
どういうことかというと、、、

もともとシリカは地殻中で酸素に次いで2番目に多い元素です。
そして地震が起こる地下8kmから10kmでは、
シリカが溶け込んだ水が存在しています。

地震が発生すると地殻に割れ目ができ
シリカが溶け込んだ水がその割れ目に入り込んでいきます。

そして時間がたつと、水分がなくなり、そこには石英ができるのです。

石英の無色透明な鉱物があの水晶ですね。
そして水晶はシリカの塊です。

ここで先週のシリカハッピー通信の記事を思い出してください。

「シリカは振動を与えるとさらに大きな力を発揮する」

ということは地震の振動によって
地中のシリカはミラクルパワーを発揮しているのかもしれませんね。

本記事は

迫る南海トラフ地震!「予知」のカギを握る「地盤と水」の意外な関係

から抜粋しました。
本記事が気になる方は探してみてくださいね。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.