☆シリカハッピー通信☆vol.22『ブルーライトのお肌への影響』

『ブルーライトが○○の老化を促進する?』

「5月は紫外線が意外と多い」ということはよく知られていますね。
日焼け対策をきちんとされている方も多いのではないでしょうか。

最近は「お肌のブルーライト焼け」ということも問題となっているようです。
「ブルーライト」とは、パソコンやスマートフォンなどから発せられる光で、
紫外線に非常に近い、強いエネルギーをもつ光と言われています。
ブルーライトは「目によくない」と言われてきましたが
「肌にもよくない」ことが明らかになっています。

ブルーライトは紫外線の中でもUVBではなく、UVAに近く、

 

  • 肌への浸透性が高い
  • ほとんど自覚症状がないまま、じわじわと内部にダメージを与える

そうです。

その結果、

  • 肌の乾燥
  • 微小な炎症
  • 色素・沈着

といった肌の老化現象につながります。
化粧品の中にもブルーライトをブロックできる商品が出ています。

ケイ素は、肌の老化現象の改善に効果があると言われています。

女性が気になる肌の老化現象。
実はこの瞬間もお肌にダメージを与えているのかも。
(でも最後までメルマガは読んで下さいね。)

太陽だけではなく、室内でも油断せず、
美肌を作っていきましょう。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.