☆シリカハッピー通信☆vol.39『ブルームはすごい』

『実はすごい“ブルーム”』

以前のメルマガで、きゅうりの“イボイボ”は『シリカ』、というお話を書きました。
そうしましたら、
シリカエナジー製造元の霧島シリカ研究所の唐津所長より
興味深い記事をいただきましたのでご紹介します。

昔のきゅうりは「ブルームきゅうり」という品種が主流でした。
新鮮なうちに触ると、表面にとげ(いぼ)がたくさんあり、白い粉を吹いているきゅうりです。
この白い粉は、果粉(ブルーム)というため、「ブルームきゅうり」といいます。

しかし、この白い粉が農薬と勘違いされるという理由で敬遠され、
最近ではとげもなく粉がでないように改良された
「ブルームレスきゅうり」という品種が主流となりました。

このブルームですが、
きゅうりだけでなく、他の果物にもついています。

ブルーベリーについている白い粉もブルームでした

ブルームの多い果物として、
ぶどうやブルーベリー、プルーンがあります。

そういえば、ぶどうやブルーベリーでも
白い粉がついているものがありますね。
ただし、農家や業者によっては
出荷時に布で拭き取る場合もあるようです。

このブルームの役目は
果物の水分蒸発を防ぎ、
病気などから果実を保護する。
また、ブルームのつき具合によって鮮度の判断をすることができるそうです。
(ブルーム自体は軽い感触でも落ちてしまうため)

きゅうりや果物にとって重要な役割を果たしているブルーム。
このブルームがない「ブルームレスきゅうり」には
「きゅりうどんこ病」が増えているという
報告もあるようです。

「ブルームレスきゅうり」のほうが、
病気や害虫に弱く、
農薬の使用量が増えてしまうことにもなるそうです。
ブルームが農薬と勘違いされて、
改良された「ブルームレスきゅうり」のほうが
農薬を使う必要性が高い、
というのは、悲しいですね。

ぜひ皆さんも
果物やきゅうりを購入するときは
ブルーム(白い粉)がついたものを探してみてくださいね。

 

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.