☆シリカハッピー通信☆vol.51『“水に溶けている”とは?』

『“水に溶けている”とは?』

先日、工学博士の東學先生から興味深いお話をお伺いしました。
とてもわかりやすかったので皆さんにもお知らせしたいと思います。

「このサプリメントは“水に溶けているから”身体に吸収されやすい」
「“水溶性”のサプリメントは身体に吸収されやすい」

というフレーズを耳にしますよね。
この「水に溶けている」「水溶性」という言葉は
少し注意をする必要があるようです。

「水に溶けている」と謳っている商品の中には

  1. 水に溶けている状態
  2. 水に混ざっている状態
  3. 水にくっついている状態

の3つがあるようです。

身体に吸収される状態というのは
1の「水に溶けている状態」のみとなります。

2の「水に混ざっている状態」と
3の「水にくっついている状態」というのは
液体のまま置いておくと、数週間で成分が沈殿します。
つまり、「水に溶けた状態ではない」のです。

残念ながら、2、3の状態であるにもかかわらず、
「水に溶けているので身体に吸収されやすい」と
宣伝されているサプリメントが少なからずあるようです。
そのようなサプリメントは、
身体で吸収されず、通過するだけなのだそうです。

「水に溶けている」「水溶性」とあったら
少し詳しく調べて見る必要がありそうですね。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.