☆シリカハッピー通信☆vol.52『骨が出す若返り物質 オステオカルシン』

『骨が出す若返り物質 オステオカルシン』

1月7日にNHKスペシャルは人体の骨についてでした。

骨といえば、身体を支えるイメージが強いですが、
「記憶力」「免疫力」に関わる重要な働きを持つそうです。

そのポイントとなるのが、骨からでるメッセージ物質です。

骨からメッセージ物質が脳に届くと、若さを保ってくれるだけでなく
記憶力アップ、免疫力アップなどにもつながります。
骨からのメッセージが途絶えた時、記憶力低下、免疫力低下、筋力低下などが起こり
老化現象が加速してしまうことがわかってきたといいます。

番組では、骨からでるメッセージ物質として

オステオカルシン
オステオポンチン
スクレロスチン

があげられていました。

オステオカルシンには

記憶力を高める、筋力のエネルギー効率を高める、精子の数を増やす

という働きがあるそうです。
例えばオステオカルシンがないマウスでは、
位置を記憶する能力が衰えたり、
精子の数が半分近くまで減少してしまうことが実験で確認されています。

このオステオカルシンという物質について
番組とは別に調べてみたところ
シリカが関わっていました。

東京農業大学客員教授渡辺和彦先生によると

ケイ素(シリカ)の摂取量が多くなると、骨芽細胞におけるケイ素(シリカ)濃度も高まり、
それによりオステオカルシンの生成量も増加しているそうです。

シリカを摂ることで、
オステオカルシンの生成量を増やし、
記憶力を高めることに繋がりそうですね。

骨からメッセージを出し、
記憶力を高める、
というイメージをしながら、
シリカを摂取してみてくださいね。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.