☆シリカハッピー通信☆vol.58『骨密度とシリカ』

『骨密度とシリカ』

平昌オリンピックも盛り上がっていますね。
たくさんの日本人選手も活躍していてうれしいですね。
2月21日、23日はフィギュアスケート女子が行われていました。
宮原知子選手も4位入賞おめでとうございます。
ケガから見事な復活でしたね。

そんな宮原選手のケガの原因となった疲労骨折。
その予防として

「管理栄養士のもと、特にカルシウム、ビタミンなどに配慮しつつ改善に務めた」

という記事を見つけました。

宮原選手のインタビューでも

「苦手な牛乳を飲むようになった」

とも書かれていますね。

もちろん、カルシウムは骨を構成している成分ではあります。
しかし骨にはカルシウムだけではなく、コラーゲンも成分に含まれます。
そして骨の中で重要な役割を果たしているのが

シリカなのです。

骨を「鉄筋コンクリート」に例えると
骨の鉄筋成分であるコラーゲンを、
セメントのような働きをし
カルシウムがくっつけ固めます。
シリカはこれらを強固にする役割を担っているのです。

そんなシリカの重要性がわかった「フラミンガム研究」
というものがあります。

欧米の男女合わせて2,847人を対象にシリカ摂取量が骨密度に与える影響を調査したところ、

・男性や閉経前の女性では
シリカの摂取量が多いほど、
大腿骨頸部の骨密度が高かった。

・食事からのシリカの摂取量の差が
骨密度に及ぼす影響は、
カルシウムよりも大きい

ということがわかったそうです。

実際、シリカエナジーを飲んでいるお客様からも

「シリカを飲んだら骨密度が上がった」
「骨折してもおかしくなかったのになんともなかった」

という体験談をお寄せいただいております。

ぜひシリカも一緒に摂ってみてくださいね。
オリンピアンたちが実力を発揮できますように。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.