☆シリカハッピー通信☆vol.87『わたしたちもケイ素化される???』

 
『わたしたちもケイ素化される???』

シリカやケイ素のことをインターネットで調べていくと

「シリカ体」
「ケイ素化」

という言葉が出てくるんですよね。

松久正さんの著書

高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密

高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密

「高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密」

の中にも

「これからの人間は珪素化していかなければならない。」

という話がでてくるのですが、
実は半世紀も前のある小説に

「ケイ素生物」

というものが登場しているのです。

それは、

アイザック・アシモフの短編

「もの言う石」

に登場する

「シリコニー」

です。
出版されたのは1955年、
日本では1960年に訳載されたそうです。

「シリカ」→「シリコニー」

ケイ素(シリカ)生物っぽい名前ですよね。

なぜ、ケイ素(シリカ)化した生物を想像できたのか。

それはケイ素(シリカ)と炭素に似ているところがあるからだそうです。

地球上の生命は炭素を中心として構成されています。
炭素もケイ素(シリカ)も原子価が4つで
しかも同族なのでそうです。

このような共通点から

「生命のようなもの」ができるのではないか、

という観点で「ケイ素生物」を想像したのだと思われます。

半世紀をへて

「人間のケイ素化」

について口にする人がいるんですね。

これって面白いことだと思いませんか。

「ケイ素化」できるかどうかはわかりませんが、
シリカは継続して飲んでいきたいですね。

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★

【発行元】
M.A.P株式会社
けんこうづくり事業部
〒273-0032
千葉県船橋市葛飾町2-380-2 5F
TEL047-411-9801 FAX047-406-5200
メール info@map19.com

★☆・‥…―━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━―…‥・☆★
Copyright(C) M.A.P株式会社 All Rights reserved.